FUE植毛のすべて

FUE植毛のすべて

植毛技術は凄い進化をしています

植毛と言えば、マンUに所属するルーニー選手が行ったことで一躍話題になった増毛技術です。
ルーニー選手が行ったのは自毛植毛と呼ばれる方法ですが、植毛には人工毛を植毛する方法と、自毛を植毛する方法の2通りがあります。

 

人工毛を植毛する方法のメリットは、植毛後すぐに髪の毛が増えたように見えるとゆうことです。
最近の人工毛は見た目が自毛にかなり近いため、見た目の不自然な感じもありません。
頭への定着率もかなり高いらしく、植毛後1年経ってもおよそ8割から9割の人工毛がそのまま抜けずに残っているとゆうデータもありますから、最近の人工毛の植毛技術は非常に優れていると言えるでしょう。
増毛にかかる時間も、1,500本程度であれば3時間くらいで終了しますから、非常にスピーディーに増毛が可能です。
ただ、人工毛は植毛した時点でその長さが決まってしまうため、ボリュームアップなどは植毛数を増やせば可能ですが自由自在にヘアースタイルを変えることは出来ません。

 

一方自毛植毛ですが、これはAGAなどの症状でもあまり影響を受けない後頭部や側面の毛根を毛のない場所へ移植する方法です。
この方法のメリットは、自分の毛根を移植するため副作用なども無く、定着してしまえば毛根がダメになるまで何度でも発毛するとゆうことです。
しかも、後頭部や側面の毛はAGAの影響を受けていないため、移植した毛根も男性ホルモンの影響を受けずに生え続ける性質を持っています。

 

もちろん散髪なども可能ですし、自由なヘアースタイルを楽しむことも可能です。
デメリットは、毛根が定着しない場合は再度植毛が必要になりますし、すぐに髪の毛が増えるわけではなく、ある程度増えるまでに約半年くらいはかかるとゆうことです。移植にも時間がかかり、本数が多い場合には10時間近くかかる場合もあります。

 

最新の植毛、特に自毛植毛は提供しているクリニックが限られます。
上記のアーツ銀座クリニックは最新機器で技術にも定評がございます。

 

このように人工毛と自毛植毛ではそれぞれに一長一短ありますから、
自分の現在の状況がどちらの方法が最も適しているか考えて選べばいいのではないかと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ